メインページを印刷するにこちら
2017年度コースカレンダーと費用

・2017年8/2(水)〜 第42回 ベーカリーのための焼き菓子コース 満席締め切り2

・2017年7/6(木)講演会 「賞味期限設定の技術的条件と手法」募集中2
・2017年6/27(火)講演会 「高機能性酵素の先端技術とその応用 満席締め切り2
・2017年5/8〜満席2製パン技術基礎コース 5月は満席終了です2
次の募集期は2017年9月コース2(9月コース受付開始してます)
・2017年6/5(月)〜「リテールベーカリーアドバンスコース」 締め切り2
・2017年5/8〜の製パン技術基礎コースは定員に達しました。締め切り2
・2017年3/14(火)第6回 ベーカリーのためのドイツ菓子 実技セミナー終了2
・2017年2/13(月)〜「冷凍生地アドバンスコース」 ご案内。締め切り2
・2016年9/19(月)〜「発酵種アドバンスコース」ご案内。締め切り2
2016年10/9(日)〜 第48回 海外研修ツアー 締め切り2
・2016年9/2(金)「最新製パン(製菓)用機械設備ワークショップ」締め切り2

8/25(木)〜26(金)「イタリア製パンセミナー 締め切り2

 

8/26(水)〜「ヨーロッパのイノベイティブなベーカリー」ご案内受付け終了 2
2015年9/11(金)〜 第47回 海外研修ツアー案内(独-伊-仏)受付け終了 2
・製パン技術教育コース教育訓練給付金制度.利用可能期間が2019年秋まで延長です。
 
詳しくはこちらへ
・ 消費税増税にともなう研究調査部への委託試験費用改定と委託試験ご案内のお知らせ New 2

・製パン技術教育コース卒業生特典が 製パン1級技能士コース修了証 となっています。詳しくはこちらへ

・お知らせ ー 職業訓練校としての長年の実績と社会貢献が認められ、厚生労働大臣表彰を受けました。
oishi
m
ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・2017年7月6日(木) 募集中!
『賞味期限設定の技術的条件と手法』
 〜 賞味期限に関する法改正のポイント 〜

2017年7月6日(木)14:00〜16:00

『賞味期限設定の技術的条件と手法』
〜 賞味期限に関する法改正のポイント 〜


募集中!

お問い合わせ:03-3689-4701(平日9時-12時,13時-17時)

演 題
『賞味期限設定の技術的条件と手法』

〜 賞味期限に関する法改正のポイント 〜
食品の賞味期限延長が多方面より求められる中、賞味期限の設定方法やその科学的根拠、技術的条件などについて解説していただきます。

1. 食品産業の動向と課題
2. これからの食のあり方
3. 賞味期限設定の考え方
4. 科学的根拠に基づく期限設定方法
5. 賞味期限延長の技術事例(パン・小麦粉製品など)


講師: 山撫泓(やまざき かつとし)氏
 
山赴Z術士事務所 所長

専 門:食品開発・品質管理・特許管理
略 歴:
1962年 味の素(株)入社 中央研究所 食品・機能性、商品開発に従事
1998年 技術士資格取得(農業部門:農芸化学)
2004年 同社 退職、同年(株)あじかん 入社 研究開発センター
2007年 農学博士 学位取得(東京農工大学)
2009年 (株)あじかん 退職、現在に至る。
全国菓子工業組合連合会 HACCP審査員
横浜市技術アドバイザー 専門コーディネーター


日 時:
2017年7/6(木)14:00〜16:00ごろ
当日の 0受付開始は13時30分〜0となります。
場 所:
パン科学会館ビル5F 講義室 周辺地図.近隣ホテル(印刷用)
対 象:
会員企業の皆様、演者さまご関係の皆様、一般個人参加の皆様
募 集:
先着順に満席定員にて締め切りとさせていただきます。
費 用:
正会員.維持会員企業の皆さま、プレス関係(サイト管理含む)、演者さまご関係者さま、 公的研究機関等で製パン.製菓.小麦育種等をテーマとされている皆さまは無料です。これら以外の一般.個人参加の皆さまは5,000円(領収書発行)です。
定 員:
会場定員は80〜90名ですので、お早めにお申し込み下さい。
先着順に満席定員にて締め切りとさせていただきます。

募集中!

ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・2017年6月27日(火) 満席締め切り!
高機能性酵素の先端技術とその応用について
 〜日本市場へのG4-アミラーゼ
   (エキソマルトテトラオヒドラーゼ)導入にあたって〜

2016年6月27日(火)14:00〜17:00

『高機能性酵素の先端技術とその応用について』
〜日本市場へのG4-アミラーゼ
(エキソマルトテトラオヒドラーゼ)導入にあたって


満席締め切りです!

お問い合わせ:03-3689-4701(平日9時-12時,13時-17時)

  『高機能性酵素の先端技術とその応用について』
  〜日本市場へのG4-アミラーゼ
     (エキソマルトテトラオヒドラーゼ)導入にあたって


1. 高機能性酵素 G4-アミラーゼの詳細
  開発の背景、メカニズム、特長、機能、優位性
2. 日本のベーカリー製品への効果
  焼成試験結果のご紹介
3. アジア地域の製パン市場の動向
  “Clean Label(無添加指向)“ トレンド
   ベーカリー新製品について

演者
  1 . Mr. Karsten M. Kragh(カーステンクラウ)
    Senior Staff Scientist DuPont Industrial Biosciences,
    DuPont Nutrition Bioscience ApS
  2 .塚原和之(つかはらかずゆき)
   ダニスコジャパン(株)
  3 . Ms. Lai See Lee(ライシーリー)
    Business Development Manager DuPont Industrial
    Biosciences, DuPont Company Pte Ltd.

通訳
   風見 眞(かざみ まこと)、西山 一行(にしやま かずゆき)
   ダニスコジャパン株式会社

<Mr.Karsten M. Kragh 略歴> DuPont 社の上級研究員。デンマークにて工業用バイオサイエンスの研究開発に従事。1987 年、デンマークの王室農業大学(RVAU)にて農芸化学学位を取得。同大学にて生物学博士号を取得した後、Danisco Biotechnology 社に入社し、植物生物・酵素・タンパクの研究に取り組む。1994 年より、食品及び飼料用酵素の開発に従事。2000 年より、新規ベーカリー用酵素の開発プロジェクトリーダーを務め、特に老化防止用アミラーゼの開発に注力し、現在は洗剤用酵素の開発グループや動物栄養向けの新規酵素開発グループも指揮している。
<Ms. Lai See Lee略歴> DuPont 社のアジア太平洋地区における食品用酵素のBusiness Development Manager。カナダのGuelph 大学にて食品科学の優等学位を取得。Kerry 社などでパーム油の精製技術、加工油脂・ベーカリー製品の開発ならびに技術営業・マーケティングの業務に従事した結果、食品添加物(抗酸化剤、乳化剤、酵母抽出物、酵素、ハイドロコロイドなど)も含めた食品科学関する幅広い知見を身につける。2010 年より現職。


日 時:
2017年6/27(火)14:00〜17:00ごろ
当日の 0受付開始は13時30分〜0となります。
場 所:
パン科学会館ビル6F 講義室 周辺地図.近隣ホテル(印刷用)
対 象:
会員企業の皆様、演者さまご関係の皆様、一般個人参加の皆様
募 集:
先着順に満席定員にて締め切りとさせていただきます。
費 用:
正会員.維持会員企業の皆さま、プレス関係(サイト管理含む)、演者さまご関係者さま、 公的研究機関等で製パン.製菓.小麦育種等をテーマとされている皆さまは無料です。これら以外の一般.個人参加の皆さまは5,000円(領収書発行)です。
定 員:
会場定員は80〜90名ですので、お早めにお申し込み下さい。
先着順に満席定員にて締め切りとさせていただきます。

満席締め切りです!

ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・ベーカリーのための焼き菓子コース開催のお知らせ
 
 *8月コース満席締め切り!
 2017年8月開催コース満席締め切りです!

 毎回非常に早期での満席締め切りとなります。
 ご検討中の方はお早めのお申し込みをお願い致します。

 今回の8月コース申し込みに間に合わなかった方は
  12月コースへの参加ご検討をお願い致します。

2017年8/2〜8 開催
開催:8/2(水),3(木),4(金),7(月),8(火)
このコースは毎回募集開始から非常に早い段階(過去最速で数日間)で定員に達してしまう非常に人気の高いコースですので、ご検討の皆様にはお早めのお申し込みをお勧めいたします。

2017年8月コース満席締め切り!

早期に定員に達してしまう超人気コースです。

実践と理論を伴った大人気の焼き菓子コースです!
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
 お申し込みは お申し込みフォーム からどうぞ

いつも早期満席のに大人気コースです!
お早めのお申し込みをお勧めします。
 *焼き菓子コースで製造実習するアイテムの製品写真はこちら・・・
 Photo album の焼き菓子コースのようすも掲載されています。
0
0
超人気コース!すぐに定員に達してしまうため、お早めのお申し込みをお勧め致します。
   
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・6月5日(月)〜9日(金)募集締め切りです!
 第10回 リテールベーカリーアドバンスコース開催案内

2017年6月5日(月) 〜9日(金)
募集締め切りです!

リテールベーカリーの特徴が生かせる手作業を主体とする製パン技術の更なる高度化を図り、リテールベ―カリーの活性化を推進する事を目的とします。期間中には業界で著名なベーカリー技術者2名の方々からも職人芸の真髄を伝授していただきます。
リテールベーカリーの現状と今後、手作りによる製パン法の特徴について講義します
マーケティングによる消費者から見たリテールの魅力を実例を上げ講義します
著名な製パン技術者によるパン作り、その考え方と技能を伝授していただきます
原料、工程条件の変化による特徴と活用、製法例を実習します
リテールベーカリーに必須の冷蔵法を用いた各種アイテムの提案
国内産小麦新品種の活用方法の紹介
栄養バランスに優れ、かつ美味しいパン食での昼食を提供し、リテールベーカリーのメニュー提案による販促活動について考えていただきます
ドイツ菓子の提案

ret8

ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
ベーカリーのためのドイツ菓子実技セミナー!
  ドイツ菓子製造実習をともなうハンズオン実技実習セミナーです!
 2017年3月14日(火)開催 - 終了です!


2017年3月14日(火) 開催決定です!

開催時間:9:30〜17:30(予定)



*終了しました*
いつも早期満席になります!
〜ご検討中の方はおはやめに〜


ドイツ帰りの日本パン技術研究所職員である
マイスター資格者(日本人女性講師)による実技実習セミナー!
「第5回 ベーカリーのためのドイツ菓子実技セミナー」
  印刷に適した PDF版案内とFAX申し込み書はこちらへ
 
日 時
2017年3月14日(火)9:30〜17:30 予定
場 所
日本パン技術研究所 6階 講習会場 地図はこちら
受講料
昼食付きです。
会員企業:19,440円(税込)
非会員:21,600円(税込)
お申し込み
同封の申し込み用紙に必要事項を記入の上、Fax でご送付下さい。受付後、受理通知を1週間以内にFax返信もしくはお電話にてご連絡致します。送信先FAX番号 03-3689-7574
定 員
20名まで*先着順締め切り!お早めに!
講 師
根岸 靖乃(ねぎし やすの) 日本パン技術研究所
 *お申し込みはFAXのみの受付です*
定員に達し次第、先着締め切り!
〜ご検討中の方はおはやめに〜

少人数で実際に製造実習するハンズオンセミナー!

終了しました!

g
j
g
j
g
j
g
j
g
g
g
j
g
j
g
j
g
j
g
n
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・第9回 冷凍生地アドバンスコース開催案内終了しました!

2017年2月13日(月)〜17日(金)連続5日間
受講料:118,800円(会員企業ご所属の方)or 129,600円(非会員)
入寮ご希望の方は+32,400円で先着15名まで入寮可能。
寮は男性のみです。女性は近隣ビジネスホテルをご利用ください。

終了しました!
終了しました!
   
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・9月19日(月)〜23日(金)
 第9回 発酵種 アドバンスコース開催案内 
募集締め切りです!

2016年9月19日(月)〜23日(金)開催
募集締め切りです!

 各種発酵種の基礎理論から応用技術まで、発酵条件の違いによる品質変化を科学的 に把握すると共に、これらを用いた様々な製パン、新規発酵種の利用技術を習得し、 これら応用による製パンの合理化を追求することを目的とします。

世界の発酵種の特徴と伝統的な起こし方

発酵種中の微生物の特徴、発酵による科学的な成分の変化と製パンへの影響
発酵種の培養条件が生地物性ならびに品質に与える影響
各種発酵種を使用した製パン実習
小麦粉サワー種,ライ麦粉サワー種,酒種,レーズン種,老麺,パン技研開発新規発酵種など
スターターの調製及び各種発酵条件で調整した発酵種の比較製パン実習
発酵種培養の自動化(タンク培養発酵種を使用した製パン実習)


ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・2016年10月9日(日)〜16日(日) 8日間
 日本パン技術研究所 第48回 海外研修
 
募集締め切りです!
テーマ「最新製パン機械設備と米国の健康志向パンの調査」
アメリカ・ラスベガス・ポートランド・サンフランシスコ

 視察企画:日本パン技術研究所
 旅行企画実施:東武トップツアーズ株式会社市川支店
  随行講師陣:原田昌博、江澤 孝介 (日本パン技術研究所)
  随行添乗員:伊藤大輔(トップツアー)
ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・9月2日(水)開催のワークショップ
 *7/11.13時に 受付エントリー開始しました*

 今年のテーマは『最新製パン(製菓)用機械設備』です!
 
インターネットからのお申込みのみの受付です。
 製パン.製菓メーカー正会員企業さま従業員が最優先で出席できます。
2016年9月2日(木)9時〜17時ごろまで
「最新製パン(製菓)用機械設備」ワークショップ
 詳細はこちらのPDF資料をご参照ください 
ワークショップ発表社名.タイトル.各社25分(質疑応答含む)
○ 株式会社 愛工舎製作所
   ”各種ミキサーの用途と優位性”
○ 関東混合機工業 株式会社
   ”ミキシングにおける効率化”
○ 三幸機械 株式会社
   ”ベーカリーオーブンの最新機種のご紹介”
○ DKSHジャパン 株式会社
   ”Rondo社 シーティングテクノロジー”
○ 戸倉商事 株式会社
   ”Tokuraのものづくりの考え方”
○ 日仏商事 株式会社
   ”BONGARDブランド『 ORIONオーブン』 焼成へのこだわり”
○ 日清エンジニアリング 株式会社
   ”最新の小麦粉バルクハンドリングシステムの紹介”
   −安心・安全、衛生的な設備を造る−
○ 株式会社 パーカーコーポレーション
   ”画像解析装置:C-Cellによるパンの内相評価技術のご紹介”
○ フォルボ・ジークリング・ジャパン株式会社
   ”製パン製造工程における最新の搬送用樹脂ベルト動向”
○ 株式会社 フジサワ・マルゼン
    ”フジサワ・マルゼンの新製品”
○ 株式会社 前川製作所
   ”最新の冷凍技術”
○ 株式会社 マスダック
   ”なぜ今「 バラエティースイーツライン」 なのか ”
○ レオン自動機 株式会社
   ”小型パン生地分割機と超音波スライスクッキー生産ライン”
*上記は会社名あいうえお順記載です。当日の発表順序とは異なります。 実際の発表順序とタイムテーブルは当日会場にて掲示いたします。
(場 所)日本パン技術研究所 6F大講習会場
(日 程)9月2日(金):9:00〜17:00ごろ予定 (昼食は付きません)
     開場と入場受付開始は8:30〜です。
(会 費)正会員.維持会員企業にご所属のみなさまは無料です。
参加聴講申し込みは上記フォームよりお申込みください。
お申込みエントリー開始7/11(月)13:00開始!
お急ぎください!基本的に先着順に締め切ります!
参加お申込みにあたっての注意事項をご確認下さい。
多数申込みが予想されるため、以下優先順ルールに従いまして
最大定員100名様にて締め切りとさせていただきます。
正式受理となりましたら、8月5日(金)までに
正式受理の返信メールを送信させていただきます。
    ルール1:正会員企業(製菓.製パン)は1社あたり最大15名様まで
    ルール2:維持員企業(関連業界)は1社あたり最大1〜2名様まで
    ルール3:定員以上の申込みがある場合は以下優先順で受理します
       ↓最優先:正会員企業 (製パン. 製菓) ご所属のみなさま
       ↓次優先:維持会員企業 (関連業界) ご所属のみなさま
*各社で人数調整をいただく場合もございます。特に維持会員(関連業界)の各社様には1社あたり1名となってしまう場合もございますので、この点につきましてはどうかあらかじめご理解のほどお願いいたします。
優先順位ルールによりご参加いただけなかった場合は、
申し訳ございませんがどうかご理解のほどお願いいたします。
ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・8月25日(木).26日(金) 満席締め切りです!

海外製パンセミナーシリーズ 第11回
イタリア製パンセミナー
- イタリアの伝統的およびトレンディーなパン類 -

もちろん通訳つきです!
2日間の製パンセミナーです !

参加費:2万8千円(税込・2日間の昼食費. 飲料費含みます)

 
WEBからのお申し込みはこちら

 
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main

・製パン技術基礎コース(6日間). 内容と履修アイテム
 2017年5月8日〜のコースは満席終了でした!!
  本コースは常時.毎回ほぼ満員のお申込みをいただいております!

 ご検討中の方は、お早めのお申込みをオススメ致します!

次回募集期は2017年9月25日〜コースです。
毎回早期に定員に達し募集受付を締め切っております。
間に合わなかった方は次回のコースにお申込み下さい。

**2017年5月のコースは既に満席締め切り終了です!
製パン技術基礎コース(6日間)で実習.履修予定のアイテム
クリックで大きな写真のページにジャンプします!
0
0
0
0
0
0
ブリオッシュ
クロワッサンハードタイプ
クロワッサンソフトタイプ
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
気泡膜の厚さのちがいは美味しさのちがい
0
0
0
0
ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・2015年9月11日(金)〜20日(日) 10日間
 日本パン技術研究所 第47回 海外研修案内 
募集締め切りです!
テーマ「ドイツ、イタリアの最新製パン設備と市場動向の探求」
ドイツ.ミュンヘン - イタリア.ミラノ- フランス.ルーアン.パリ

route

IBA
 視察企画:日本パン技術研究所
 旅行企画実施:東武トップツアーズ株式会社市川支店
  随行講師陣:山本剛史、佐藤 淳 (日本パン技術研究所)
  随行添乗員:伊藤大輔(トップツアー)
  セミナー担当:INBPフランス国立製パン学校
  公式協力:ZVDBドイツ製パン興行中央連盟
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・教育訓練給付金制度
  キャッシュバックされる制度があります!
 News !!
 2017年9月開始コースまで、教育訓練給付金の支給対象の期間が延長となりました
nt
 →第209期(2017年9月コース)までにご参加の方は教育訓練給付金の支給対象ですnt

*教育訓練給付金申請のご利用を検討されている皆様へ
 製パン技術教育コース(本科100日間)の受講者は、教育訓練給付金制度の利用が可能です。
 注*教育訓練給付金制度の利用が出来るコースは、製パン技術教育コース(本科100日間)のみです。

2017年9月開始までの
開催コース(製パン技術教育コース.本科100日間 第209期の予定)ご参加の方は新制度の教育訓練給付金制度の利用が可能になっています。
制度の利用をご検討のみなさま「支給を受けようとするみなさんへ」をご覧下さい。

製パン技術教育コース(本科100日間)
可否
 給付金制度(新制度給付率)
第180期(2008年1月〜4月開催)
 新制度給付率でご利用可能ですnt
↓↓↓↓↓     
第209期(2017年9月〜12月開催)
旧制度給付率と条件(第179期まで)
新制度給付率と条件(第180期〜200期まで)

被保険者期間3年以上5年未満:20%(上限10万円)
被保険者期間5年以上    :40%(上限20万円)

被保険者期間3年以上  :20%(上限10万円)
(初回に限り,被保険者期間1年以上で受給可能)

ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・ベーカリーのためのドイツ菓子セミナー開催のお知らせ
  今回のアイテムはイースターにちなんだ製品群です!
 2014年3月11日(火)(一日開催セミナー) 満席定員です!
 大好評のうちに終了しました。

2014年3月11日(火) 開催決定です!
開催時間:10:00〜16:00(予定)

満席定員締め切りです! 終了しました。

ドイツ帰りの日本パン技術研究所 職員である
マイスター資格者(日本人女性講師)による本格デモセミナー!
「ベーカリーのためのドイツ菓子セミナー」ご案内
 印刷用に適した PDF版案内はこちらへ
 
日 時
2014年3月11日(火)10:00〜16:00 予定
場 所
日本パン技術研究所 6階 講習会場 地図はこちら
受講料
8,000円(税込) 昼食.ドリンク付き
ドイツパンや製品アイテムからの昼食を予定しています。
お振込み
三菱東京UFJ銀行 西葛西支店 普通 No. 0218621
口座名:社団法人 日本パン技術研究所
 お申込みは案内書のファックスかWEBからお願い致します。
 お申し込み受理後に案内書を送付いたします。
 請求書がご入用の方は、その旨をご連絡下さい。
 お申し込み後に受講料8,000円(税込)をお振り込み下さい。
 ご入金確認により正式受付となります。
 お振り込み先:三菱東京UFJ 西葛西支店 普通 No.0218621
 口座名:一般社団法人 日本パン技術研究所
 お支払い後の費用の御返金はできませんのでご了承下さい。

定 員
80名まで  *先着順に締め切りとなります!
講 師
根岸 靖乃(ねぎし やすの) 日本パン技術研究所 職員
 お申し込みは お申し込みメールフォーム からお願い致します
定員に達し次第、締め切りです。お早めのお申し込みをお勧めします。

イースター(復活祭)にぴったりのドイツ菓子がメイン!

満席定員締め切りです! 終了しました。

0
0
0
0
0
0
0
0
0
german3
 お申し込みは お申し込みメールフォーム からお願い致します
定員に達し次第、締め切りです。お早めのお申し込みをお勧めします。

イースター(復活祭)にぴったりのドイツ菓子がメイン!

満席定員締め切りです! 終了しました。

main
ain
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・製パン技術教育コース(本科100日間)の
 卒業生に与えられる特典がアップグレードされています。 News !
 2007年4月から、これまで製パン技術教育コース(本科100日間)の卒業生に与えられていた「製パン2級技能士コース修了証」が「製パン1級技能士コース修了証」に変更になりました!
 当研究所は東京都の職業訓練校に認定されており、本コース卒業時の所定の試験に合格すると東京都知事認定の「製パン1級技能士コース修了証」が与えられます。この修了証により各都道府県で実施される国家資格である製パン1級技能士試験の学科試験が免除(全国)となります。
詳しくはこちらへ!!
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・各製パン教育コース受講費改定のご案内 各コース費用が2014年から改定されています。

「製パン技術教育コース(本科100日間)」の受講費用が2014年4月以降のコース開催から改定されております。消費増税に伴う費用負担増加によるものですので、どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

新規製パン機械パイロットラインの詳細については研究調査部の新サービスについての案内ページ下部に写真の掲載および詳細が解説されています。どうぞご参照下さい。
ma
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
ma
・「カフェ・スイーツ」の特集記事のご案内
「カフェ・スイーツ」に特集記事が載りました
製パン・カフェ・製菓 専門誌
(柴田書店)
 カフェ・スイーツ vol.60 目次案内
・町のパティスリー&ベーカリーの職人
・高級シティホテルの菓子・パン職人の仕事場に密着!
・ベッカライブロートハイムがリニューアル!カフェもオープン
・結婚式場のパティシエの仕事
・こんな職場で働いています
プロ向けのベーキングスクール「日本パン技術研究所」を訪問!
・クリスマスレポート ほか
「カフェ・スイーツ」の購入ページはこちら
バックナンバーの購入はこちらへ
ma
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
ma

フードセーフティ専門ホームページ開設のお知らせ
 
AIBフードセーフティ監査.指導.セミナー開催等を行っているフードセフティ部門の専門サイトもご利用ください。
 お問い合わせやセミナーのご案内など、わかりやすい豊富なコンテンツがございますので、どうぞご訪問ください。


 フードセーフティ専門サイトのコンテンツ案内
AIBフードセーフティ(GMP)指導.監査システムの概要とサービス
AIBフードセーフティ通信教育のご案内(詳細と申し込み方法)
AIBフードセーフティ関連セミナーの開催案内
JIBからのご案内(ニュース.新着情報など)
Q&Aーよくあるご質問事例とその回答
ダウンロードページ(各種お申し込み書やAIB統合基準など)
・お問い合わせ先メールリンク
mainn
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
mainmain
main
・講義や実習のようす-フォトアルバム

過去の講義や実習のようすをまとめたフォトアルバムのページに下記アルバムを掲載しています。
 ・第47回-夜間実技コース(夜間コース)のようす 
 ・第46回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第45回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第44回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第43回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第42回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第41回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・第40回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第169期卒業レセプション
 ・第39回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第168期卒業レセプション
 ・第38回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第167期卒業レセプション

 ・第37回-夜間実技コース(夜間コース)のようす
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第166期卒業研究発表

 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第166期卒業レセプション

 
第36回-夜間実技コース(夜間コース)のようす 
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第165期卒業レセプション
 ・製パン技術教育コース(本科100日間)第165期卒業研究発表

main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
会員企業むけ技術資料のサンプル
会員企業むけ限定発行の技術資料のサンプルを掲載しました。 これは毎月2冊のペースで会員企業様のみに配布している資料です。 サンプルのタイトルは下記です。どうぞご参照下さい。
新規製パン用アミラーゼが食パンおよび焼き調理パンの製パン性に及ぼす影響
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
・新部署の設立について
*研究調査部からのお知らせ*
 研究会(講演会)を主催している研究調査部からの協同研究のご案内です。
 研究調査部 協同研究の内容と新しいサービスのご案内(PDF)はこちら・・
 ・評価試験のご依頼も受け付けます
 ・中立な立場での報告を致します
研究調査部」では、製パンのプロセスを科学的に把握するための研究を充実させ会員に研究結果を報告しています。また製パン教育内容の改善と更なる充実化を進めるための科学的研究の推進、製パンの科学技術的問題を審議するための技術委員会活動の推進、新規素材などの製パン適性などを、公的な第三者機関として客観的な評価を行い結果を報告しています。関係省庁からの協力依頼および学校給食パンなどの公益事業への協力、年8回の講演会(研究会)の開催、製パンに関連した新規測定装置および機器の共同開発の推進など、主に科学的.技術的.研究調査活動を行っています。
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
 
ピックアップビデオ- MPEG MOVIE
ピックアップビデオのページにムービーが加わりました。
下記のフランスパンの各種成形デモの映像です。
基本的丸めフォンデュタバチェシャンピニオンブトン、フィセル(細)、フィセル(太)プチパンバゲット、バタール(タテ) (ヨコ)、フーガス(カット)(抜き型)クーロンヌとトラジェです。





main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
新しいカリキュラムについて
製パン技術教育コース(本科100日間)カリキュラムが大幅に刷新されました。 
  新しいカリキュラムでは、従来の伝統的カリキュラムを基礎課程として約2か月間に集約し、後半の1か月間を3つの専門コースに分割しています。 専門コースの内容は、ホールセラーの製造する大型パン類を中心に履修するブレッドコース、同じくホールセラーの製造する菓子パン類やロールやデニッシュ類を中心に履修するロールコース、および中小規模のベーカリーやベイクオフ店の運営に要求される内容を履修するリテイルコースの3つになっています。
  各専門コースでは、密度の高い製パン実習を中心に、これまでよりさらに専門性を高めた実際的な製パン教育を進めます。新カリキュラムの履修によって、研究生は製パンの基礎を把握した上で、それを実際の製パンに応用する技術を身につけ、卒業後の職場で大いに活躍して下さるものと期待されます。
main
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・
main
日本パン技術研究所の受付はパン科学館ビル4Fにございます。
日本パン技術研究所へのアクセスと地図はこちら・・・
メインページを印刷するにはこちら・・
このページのトップへ・・

,.